Home  >  ギャラリー  >  井藤 隆志 - Takashi Ifuji -

ギャラリー

井藤 隆志 - Takashi Ifuji - Takashi IFUJI - IFUJI DESIGN STUDIO -
▼Profile

1969年、岐阜県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業後、富士通(株)総合デザイン研究所入社後、IT関連機器の製品デザイン、デザイン企画に従事。

1999年、同社退社後、ミラノでフリーランスのプロダクトデザイナーとして活動。

2002年、帰国後、イフジデザインスタジオ設立。

2007年、大同大学情報学部情報デザイン学科 准教授に就任。

■受賞暦
1996年:海南デザインコンペティション96 家具部門賞(和歌山県)

2002年:PREMIO MACEF入選(伊)

2003年:100% Folding Chairs Competition 入賞(伊/英)

■業務内容

・IT 関連機器から地場産業、福祉関連機器までの市場調査および工業製品のデザインおよび研究

・3DCAD、RP、CAEを活用したデザイン開発および研究

Born in 1969, Gifu Pref. After graduating from University of Tsukuba, School of Art and Design, joined Fujitsu Laboratories Ltd. Engaged in the designing and planning of IT products.

In 1999 after leaving Fujitsu, worked as a freelance product designer in Milan.

In 2002 after returningfrom Italy, set-up the IFUJI DESIGN STUDIO.

In 2007 Associate Professor at University of Daido,School of Infomatics.

- Prize history

1996: Won the prize of the furniture division, at the Kainan Design Competition 1996.(Wakayama Pref.)

2002: Won the prize at PREMIO MACEF (Italy)

2003: Won the prize at the 100% Folding Chairs Competition (Italy/UK)

-Work Contents

Marketing research and designing industrial products from IT products, local industry products and welfare products.

Development of high-productivity designing using 3D CAD

▼Works
takashi_ifuji02.jpg 2005年に開催された愛・地球博に出展された二足歩行ロボットです。

岐阜県はギフ・ロボット・プロジェクト21という産業振興施策を行っております。開発された「NAGARA3」は、社団法人岐阜県工業会のメンバーからなるプロジェクトとなっており、プロダクトデザインを担当しました。

左側が完成した本物の写真、右側がFLAMINGOのレンダリングにワイヤーフレームをPHOTOSHOPで合成した画像になります。
▼Q&A

■ Rhinoを導入した理由

手ごろな価格で、高品質のモデリング、データ出力が可能な点。感覚でモデリングできるインターフェイスと、設計データとして活用できるモデリングの精度を両方バランスよく実現している点


■ Rhinoを使用するメリット

デザインワークで必要不可欠な思い通りの曲面造形をモデリングすることが可能。RPによるデザイン試作が迅速、簡易にできる点。

■ -Why use Rhino?

Using Rhino at reasonable cost, I can crate and output the high-quality modeling data.
Rhino has the perfect interface, which I can model freely, and the modeling precision, which I can use as the designing data. Rhino is balanced between both those performances.


■ -Advantage of Using Rhino

With Rhino, I can create a free curved modeling essential for design works. Also, I can create a prototype by RP quickly and easily.

<< 塚本 カナエ - Kanaé Design Labo -  |top|  谷口 靖 - IDeal DESIGN - >>
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |