Home  >  製品について  >  デザイン&エンジニアリング  > Rhinoceros

製品について

デザイン&エンジニアリング
Rhinoceros
エンジニアリング/ デザイン/ 試作&製造等多分野で利用できる3 次元ツール!
☆表示マーク:製品名右横のマークはこちらをご参照ください。
▼ 製品概要
DE_rhino-01.gif

「Rhinoceros」(ライノセラス)は、NURBSによる3次元モデリングツールです。「Rhinoceros」は、滑らかなNURBSカーブやサーフェスを利用することにより、アイデア・イメージを損なうことなく、直感的、表現力豊かな3次元モデルを具現化することができます。また「Rhinoceros」は、精度上の制約条件がありません。建築、航空機といった分野から医療機器といった精密機器分野までご利用いただけます。「 Rhinoceros」 のもう一つの特徴として豊富なデータフォーマットサポートがあります。DXF、DWGはもちろん、IGESやSTEPフォーマットもサポートしており、Rhinocerosを通してCATIA、CREO、NX、SolidWorks等のCADとのデータ交換が可能です。 

▼ 主な機能

 

  • 11次までのNURBSによる3次元カーブの作成
  • 曲線の生成
    点、直線、ポリライン、円、円弧、四角形、多角形、スパイラル曲線、
    ヘリカル曲線、円錐曲線、通過点入力曲線、制御点入力曲線、トゥイー
    ン 、フィレット/ブレンド/面取り/オフセット。
  • 曲線編集機能
    制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、面取り、次数変更、トリ
    ム、分割、延長、ノットの追加・削除、マッチング、フェアリング。
  • サーフェスの生成
    平面曲線、ロフト、矩形平面、押出し、回転、ブレンド、スイープ
    (1レール、2レール)、曲線ネットワークからの生成、イメージデータ
    の色値から生成、フィレット/面取り、ブレンド、オフセット、点群か
    ら生成、可変フィレット/ブレンド/面取り/オフセット。
  • サーフェス編集機能
    制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、ノットの追加・削除、
    サーフェスの制御点の再定義(UV方向)によるリビルド、サーフェス
    間の連続制御、次数変更、サーフェスの伸長、 結合、トリム、オフセッ
    ト、トリムサーフェスのトリム解除サーフェスの展開。
  • ソリッドの生成
    プリミティブ・ソリッド(球、楕円体、直方体、円錐、円錐台、トー
    ラス、パイプ)、曲線・サーフェスからの押出し、ボス、リブ。
  • ソリッドの編集
    ブーリアン演算(和、差、積)、シェル。
  • オブジェクトの変形操作
    2D・3Dスケール、回転、ミラー、テーパ、シア変形、オブジェクトの投影、曲線沿い変形、配列コピー、ツイスト、べンド。
  • モデリング支援機能
    オブジェクト・グリッドスナップ、直交モード、ヒストリー、スマート トラック、ユニバーサル作業平面、ガムボール、クリッピング面。
  • メッシュの生成
    平面サーフェス、直方体、円柱、円錐、球体、NURBSオブジェクトから生成、イメージデータの色値から生成、サーフェス制御点から生成。
  • メッシュの編集
    ポリゴン・リダクション機能、面方向の反転、頂点の融合、メッシュ修復ウィザード。
  • 解析ツール
    曲線・サーフェスの方向表示・反転、曲線長、距離、曲率、面積・体積・重心、曲率、連続性、エッジ表示、モデルの診断。
  • 2D機能
    2Dイメージの生成、寸法表記・編集、注釈表記・編集、ハッチング、ページレイアウト。
  • 入出力フォーマット
    【入力】3Dstudio, AdobeIllustrator, AutoCAD(dxf, dwg), DirectX, EPS, GHS, IGES, LightWave, Microstation, MicroBuilder, NextEngineScan, OBJ, OFF, PDF, PLY, Points(asc, csv, txt...), RawTriangles, ReconM, SketchUp, SLC, SolidWorks, STEP, STL, VDA, VRML, WAMIT, ZCorp
    【出力】ACIS, AdobeIllustrator, AutoCAD(dxf, dwg), COLLADA, Cult3D, DirectX, EnhancedMetafile, GHS, GoogleEarth, GTS, IGES, LightWave, MorayUDO, MotionBuilder, OBJ, Parasolid, PDF, PLY, Points, POV-Ray, RawTriangles, RenderMan, SketchUp, SLC, STEP, STL, VDA, VRML, WAMIT, WindowsMetafile, X3D, XAML, XGL, ZCorp
  • 画像入出力フォーマット
    BMP, Targa, JPEG, PCX, PNG, Tiff
DE_rhino-01.gif
※自動車業界での作例。他業種での作例はギャラリー参照。
▼ 動作環境:

ハードウェア・対応OS

○DualまたはQuad Core 64-bitプロセッサ推奨。インストールには600MB以上のディスクの空き容量が必要。1GB以上のRAM、8GB以上推奨、OpenGL対応のグラフィックスボード推奨、DVDドライブ、インターネット接続、インテリマウス推奨。

○WindowsXP (32-bit) SP3、Vista、7、8(intelMac上におけるBootCamp環境下も含む。VMWareやParallelsといったバーチャル環境での動作はサポートしません)。

■ 標準価格: 商用版 ¥144,000円(税別)  教育版¥36,000円(税別) 
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |