Home  >  製品について  >  データ変換  >  Drop3D  >  Drop3D FAQ

製品について

 
製品別サポート
デザイン&エンジニアリング
 
 ・VisualARQ
 
データ変換
 
 ・DATAKIT
 ・CrossCAD/plg
 ・CrossManager
 ・CADgate1
 ・CADgate3
 ・Drop3D  
イラストレーション&グラフィックス
 
 ・CADtools1J
 ・CADtools2J
 ・CADtools3J
 ・CADtools4J
 ・CADtools5J
 ・CADtools6J
 ・CADtools7J
 ・CADtools8J
 ・CADtools9J
 ・MultiPage
 
素材集
 
 ・CADpatterns
 ・DwellSymbols
 
 

Drop3D FAQ

  

製品に関する問い合わせ

技術的なお問い合わせ

 
3dm,VRML,IGES以外のファイル形式をサポートする予定はありますか?
現状予定はありませんが、カスタマイズして開発することは可能です。詳細は以下をご参照ください。

カスタマイズ開発・モデリングコンサルテーション

弊社では、以下のアプリケーションの機能拡張を望む方に、開発・コンサルテーションを行います。
■Adobe Illustrator CS 以降のプラグイン開発
■Rhinoceros ver4.0のプラグイン開発

1.カスタマイズ開発
弊社では、お客様のニーズに応じて、製品のカスタマイズを行います。例えば、2012年2月リリースの「Drop3D」は、標準で3dm,VRML,IGESをサポートしておりますが、他の3次元フォーマットを読み込みたい等のご要望に対応可能です。

2.モデリングコンサルテーション
弊社では、Rhinocerosのモデリング・コンサルテーションを承っております。
■3次元モデリングを理論から学び、より高度なモデリングテクニックを習得したい。
■Rhinocerosを導入したが、業務に活かしてきれていない。
■必要なモデリングテクニックを習得して素早く業務に活かしたい。

等々、お客様のご要望に応じてスケジュール・内容をご提案いたします。
また弊社では、1.Rhinocerosを用いたデザイン、モデリングが可能な方、2.デザイン、モデリングを依頼したい方、双方からのご連絡もお待ちしております。

以上、詳細に関しては、以下にご連絡ください。
メールアドレス info@applicraft.com  TEL:03-6825-8431

ファイルを読込んだ後、「Drop3D Controller」で「Place Option」を変更してもビューワー上の表示が変更されないのですが...。
「Place Option」は、あくまでも配置する際の状態を選択する機能です。実際に配置される状態を確認したいのであれば、「Place Option」を変更後に「PreView」ボタンを押して下さい。*「Place」ボタンで配置する時は、「Preview」ウインドウを閉じる必要があります。

 

メールサポート(ユーザー様向け)

上述以外に動作不具合、問題点等についてのお問い合せはこちらにお願いいたします
support@applicraft.com
(初期導入、インストールに関するお問い合せ以外は電話でのサポートは行なっておりません)

 

 
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |