Home  >  製品について  >  イラストレーション&グラフィックス  >  CADtools2J  >  CADtools2J FAQ

製品について

 
製品別サポート
デザイン&エンジニアリング
 
 ・VisualARQ
 
データ変換
 
 ・DATAKIT
 ・CrossCAD/plg
 ・CrossManager
 ・CADgate1
 ・CADgate3
 ・Drop3D  
イラストレーション&グラフィックス
 
 ・CADtools1J
 ・CADtools2J
 ・CADtools3J
 ・CADtools4J
 ・CADtools5J
 ・CADtools6J
 ・CADtools7J
 ・CADtools8J
 ・CADtools9J
 ・MultiPage
 
素材集
 
 ・CADpatterns
 ・DwellSymbols
 
 

CADtools2J FAQ

製品に関する問い合わせ

技術的なお問い合わせ

問題点

CADtools1.1/1.2Jとの違いは?

弊社ホームページの「CADtools2.0J/新機能(Ver1.1との比較表)」、叉はCADtools2.0Jユーザーズガイドをダウンロードページよりダウンロードし、参照なさってください。

CADtools2.0Jは、マイナーアップされていると聞いておりますが、最新バージョンを教えてください。

CADtools2.0Jは、1999年6月にバージョン、2.0をリリースしました。その後以下のマイナーアップを行なっています。

2.0JR1;各々のレイヤに縮尺設定が可能他いくつかのマイナーアップ(無償で、HPよりアップデーター、ダウンロード可)
2.0JR2;バグの修正と、パーフォーマンスの向上 (無償で、HPよりアップデーター、ダウンロード可) 2000年7月3日より
(2.0JR2のアップデーターに伴い、2.0JR1アップデーターの提供は廃止しました。)
2.0JR3;イラストレーター9用のモジュールをマイナーアップ(無償で、HPよりアップデーター、ダウンロード可)2000年9月27日より
2.0JR4;イラストレーター10用のモジュールをマイナーアップ(無償で、HPよりアップデーター、ダウンロード可)2002年4月11日より

CADtools2.0Jの出荷媒体は何ですか?
CADtools2.0Jの出荷はWin版・Mac/PowerMac版共にフロッピーディスクにて行っておりましたが、2000年7月よりリリースの2.0JR2より、CDに変えました。(Win/Macハイブリッド版)
CADtoolsのインストールには、どのくらいのディスクスペースが必要ですか? また、動作する環境はイラストレーター9や、Windows2000・XP、MacOS Xの環境で動作しますか?
CADtoolsのモジュール自体は、1MB程度です。またCADtoolsはプラグインですので、動作はイラストレーター(7以降)が動作するかどうかに依存します。従って、イラストレーター(7以降)が動作する環境であればCADtoolsも動作するはずです。
また、プラグインはアドビ社が提供している開発ツールで開発を行なっています。
イラストレーター10に対応していますか?
対応しています(CADtools2.0JR4)。すでにお使いのユーザー様はダウンロードしてお使いください。---→(ダウンロード
イラストレーター10で不具合が生じていると聞きました。どんな不具合ですか?
既知の不具合があります。以下の問題点の欄を確認ください。
CADtools2からの機能で、ライブDimensionというものがありますが、どういう仕組みなのでしょうか?
寸法はCADにおいては、一般的な要素ですが、イラストレーター上で扱うのは極めて困難ですが、 CADtools2は、独自の機能として、寸法という要素イラストレーター上で実現しています。CADtoolsのバージョン1.1/1.2では、 CADtoolsの寸法は単なるテキストとラインデータのグループ化されたオブジェクトでした。
CADtools2からは、単なるグループ化されたオブジェクトでは無く、寸法を作成したオブジェクトや、配置位置の情報を関連付けて持っているため、元のオブジェクトが移動したり、長さが変更されたりすると、寸法自身の長さや、場所も追従して変わります。
このような寸法をライブDimensionと読んでいます。
CADtools2では、初期設定では、常にライブDimensionが作成されるようになっています。
ライブDimensionは、便利な面と不便な面を持ち合わせます。 便利な面は前述の通りですが、逆に単に、注記や、寸法を作成してそれを自由に再配置したい場合、"アップデート"を行なうと、最初に関連付けたオブジェクトや、配置位置に拘束されてしまいます。
これを避けるためには、方法は2つあります。1つは、"CAD書類設定"ダイアログの"一般設定"のライブDimensionの設定を外しておく方法。もう」一つは、作成した寸法を単にグループ解除する方法です。
CADtoolsは、DXFやDWGの入出力は出来るのでしょうか?

CADtools自身は、イラストレーター上で、テクニカルイラストや、簡単な機械・建築図面等を書くための補助としてCAD的な使い方が出来るようになっているプラグインです。
他のファイルとの入出力はサポートしておりません。
イラストレーター9からは、DXF/DWGとの双方向の入出力が可能です。(別紙参照
但し、イラストレーターでは、寸法を要素として、DXF/DWGと交換するのは無理です。
弊社の製品であります"CADgate"は、寸法機能の変換、縮尺・単位の指定による変換等を行なうユーティリティーです。
CADgateは、CADtoolsを考慮に入れて開発されていますので、CADtoolsユーザーにとって、いわゆるCAD製品とのデータ交換には最適です。

精度について説明を聞きたいのですが?例えば、精度を小数点第5位まで指定して、100mmも矩形を描いて寸法を付けると、99.99992mmのように表示されてしまいます。

イラストレーターは、オブジェクトの形状は全て、pt(ポイント)という単位で扱います。72pt = 25.4mmですから、100mm = 283.46436mmのように計算されます。
またイラストレーターの内部の制度は、ptで少数点以下第4位までですので、ご質問のような誤差が結果として出てきます。CADの多くは、倍精度で計算していますが、イラストレーターのプラグインでそのような精度は実現するのは今のところできません。

CADtools2をMac上で、ATMフォントと併用して使用すると、文字の詰め情報が消えてしまいます。

この問題は、CADtoolsがプラグインフォルダーにある状態で発生し、現時点では解決出来ていません。
回避策としては残念ながら、詰め情報を使用する際には、CADtoolsをプラグインフォルダーから外して使用いただくより手立てがありません。
解決次第、アップデーターをアップロードしますが、解決の目途は立っておりません。

イラストレーターを立ち上げる度に、シリアル番号を入力するように要求してくるのですが?

この現象は、Windows NTでAdobe Illustrator 8.0をNTFSフォーマットのディスクにインストー ルした場合、起こります。 Adobe Illustratorを8.0.1にバージョンアップすれば解決します。 詳細はユーザーガイドP.61を参照してください。
それ以外で、発生する場合は、何らかの原因でイラストレーターの環境設定ファイル(初期設定ファイ ル)が破損している場合に起こることがあります。
この場合は、環境設定ファイルを一度削除し、Adobe Illustratorを立ち上げ直すと、環境設定ファイルを正しく作り直し、使用出来るようになります。
尚、この作業を行なう際は、元の環境設定ファイルをどこかに退避してから実行してください。 他のプラグイン等を使用している場合等、再度インストールする必要があります。またカスタマイズしたパレットの位置等は再度設定する必要があります。
詳細はAdobe Illustratorユーザーガイドのトラブルシューティングを参照してください。

CADtools2を使用していますが、CADtoolsを入れたこといにより、パフォーマンスが著しく悪くなるのですが?
2.0JR1までは、イラストレーターの要素が多いときに選択・移動に時間がかかったりしましたが、この問題は、CADtools2JR2で改善されました。
CADtoolsをインストールした状態で、イラストレーター10を立ち上げるとCADtoolsを読込むところで、イラストレーター10がハングした状態になってしまう(CADtools2.0JR4 Mac版のみ)。

発生する条件;
イラストレーター10 + OS9.X
イラストレーター10 + OSX

発生する理由;
この現象は、イラストレーター側で非常に多くのフォントを使用している場合に発生しますが、CADtoolsの問題では無くプラグイン側が、フォントのメニューを作成しようとする際に(CAD属性のフォント選択メニュー)、非常に時間がかかってしまうため発生します。開発元で検証した結果、イラストレーター10のバグに起因するもので、この現象を完全に解消するためにはイラストレーター10で改善されない限りプラグイン側では対処出来ないのが現状です。

回避策;
上記のような理由で、現時点(2002.4.24)での改善の見込みは立っておりませんが、以下のような方法で問題を回避することは可能です。

1.イラストレーターで使用するフォントで使用しないものは、フォントスーツケースから削除する。
2.イラストレーターが立ち上がる際に、CADtoolsの読込み画面が出たら"コマンド"+"オプション"+"エスケープ"を同時に押します。この方法により、立上げの時間がかなり短くなります。何故この方法で、立上げ時間が短くなるかの原因は不明ですがイラストレーターのバグに関連していると思われます。もし、フォントを削除したくないのであればこちらをお試しください。

以上のいずれかの方法で対処願います。
尚、この問題はもちろん好ましい状況ではありませんので、開発元が調査を続けており、他の解決策が見つかりましたらご報告します。

 
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |