Home  >  製品について  >  イラストレーション&グラフィックス  >  CADtools4J  >  CADtools4J ダウンロード

製品について

 
製品別サポート
デザイン&エンジニアリング
 
 ・VisualARQ
 
データ変換
 
 ・DATAKIT
 ・CrossCAD/plg
 ・CrossManager
 ・CADgate1
 ・CADgate3
 ・Drop3D  
イラストレーション&グラフィックス
 
 ・CADtools1J
 ・CADtools2J
 ・CADtools3J
 ・CADtools4J
 ・CADtools5J
 ・CADtools6J
 ・CADtools7J
 ・CADtools8J
 ・CADtools9J
 ・MultiPage
 
素材集
 
 ・CADpatterns
 ・DwellSymbols
 
 

CADtools4J ダウンロード

アップデートされたファイル(以下:モジュール)は、CADtools4Jでの機能追加や問題、不具合を修正するものです。

アップデートモジュールインストーラー(2005/10/26最新R1)

CADtools4J R1での修正点及び機能強化(2005.10.26 追加)

  • CADテキストで発生していた不具合を解決
    Mac版で発生していたCADテキストの寸法形式を実測値以外に変更した場合、パレットが正しく表示されなくなり、寸法属性の設定が行えなくなる不具合を解決しました。
  • in(分数表示)、' " (分数表示)での数値入力、表記の不具合を解決
    in(分数表示)、' " (分数表示)の単位を選択した場合、適正な数値の入力及び表示ができない不具合を解決しました。
  • 斜め寸法ツールでのカスタムテキストの自動選択を可能
    他の寸法ツールと同様に斜め寸法ツールでもカスタムテキストで寸法を作成した際にテキストが自動で選択されるようになりました。
  • カスタムラベルの改善
    カスタムラベルのテキストを改行した際にできる導線とテキストの位置のずれをアップデートボタンを行うことにより適正化することが可能となりました。
  • CADラベル 『カスタムテキスト自動選択』オプションを追加
    CADラベルの「ラベル形式」を「カスタム」とした場合、ラベルを作成した後に文字列が選択されず、改めてテキストツールにより、文字列を編集する必要がありました。この度追加された『カスタムテキスト自動選択』オプションを有効にする事により、ラベルを作成した段階で文字列の編集が可能となりました。
  • CADテキスト 『形式固定』オプションが追加
    編集オブジェクトの寸法属性(実測値、ABC文字、123数字、カスタム)に応じてCADテキストの「形式」の表示が変わりましたが『形式固定』オプションの追加により寸法形式が保持されるようになりました。

注意:既にアップデートされたモジュールがインストールされている場合、インストールする必要ございません。バージョンを確認のうえ必要であればインストールして下さい。

バージョン確認方法

  • ■ Window版:
    Adobe Illustrator起動後、「ヘルプ」 - 「プラグインについて」 - 「CADtools J」 - 「詳細」
  • ■ Macintosh版:
    Adobe Illustrator起動後、「Illustrator」 - 「プラグインについて」 - 「CADtools J」 - 「詳細」
バージョン確認画面イメージ
赤線部分参照:Version: x.x(*1) JRx(*2)
*1製品バージョン
*2マイナーバージョン

 

ダウンロード

 

 
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |