Home  >  製品について  >  イラストレーション&グラフィックス  >  Perspective  >  Perspective FAQ

製品について

 
製品別サポート
デザイン&エンジニアリング
 
 ・VisualARQ
 
データ変換
 
 ・DATAKIT
 ・CrossCAD/plg
 ・CrossManager
 ・CADgate1
 ・CADgate3
 ・Drop3D  
イラストレーション&グラフィックス
 
 ・CADtools1J
 ・CADtools2J
 ・CADtools3J
 ・CADtools4J
 ・CADtools5J
 ・CADtools6J
 ・CADtools7J
 ・CADtools8J
 ・CADtools9J
 ・MultiPage
 
素材集
 
 ・CADpatterns
 ・DwellSymbols
 
 

Perspective FAQ

製品または技術的なお問い合わせ

Hot Door PerspectiveはAdobe Illustratorのどのバージョンに対応してますか?
Hot Door Perspectiveと3次元モデリングの違いは何ですか?

3次元モデリングシステムは非常に高価なのが現状です。3次元の世界では空間の概念に2次元とは異なる新たな概念の理解が必要になります。必ずしも3次元のデータやモデリング操作が必要なくても、その形状を2次元で表現するには大量の時間と労力を費やすしかありませんでした。Perspectiveでは Adobe Illustratorの中で3次元表現の描画を簡単に作成することができます。

簡単なベクターアートワークのモデリングシステム(スタンドアローン)であるAdobe Dimensionsはご存じと思います。 x/y/z軸を含む3次元の世界で基本的なレンダリングやライティングなどが可能です。ペンツールや形状の引き伸ばし、回転などはもちろんプリミティブオブジェクトの作成ができます。

Perspective はIllustratorに完全に組み込まれていますが、新たに3次元の世界を導入するシステムではありません。Perspectiveは2次元アートワークで3次元オブジェクトを表現するツールです。Perspectiveの2次元オブジェクトは自由に回転やサーフェスマッピングを行ったりとソリッドとして操作することはできません。しかし、PerspectiveのアートワークはIllustrator上で他の形状と同様に修正をかけることができます。

Hot Door PerspectiveがインストールされていないマシーンでPerspectiveアートワークを表示したり印刷したりできますか?
はい。Hot Door PerspectiveのアートワークはそれがインストールされていないAdobe Illustrator上でも表示できます。但し、そのアートワークにHot Door Perspectiveのドローイング要素(展開や再投影など)を取り入れようと思ったときには、Hot Door Perspectiveがインストールされていないとできません。
将来的にはHot Door Perspectiveにレンダリング機能が付加しますか?
いいえ、Hot Door Perspectiveはドローイングツールとしての位置づけでしかありません。Hot Door Perspectiveで作成したアートワークはAdobe Illustratorで十分にレンダリングができるので、Adobe Illustratorで対応する方法で考えてます。
Hot Door Perspectiveの使用に際し、どうすれば最良の形状を選択できますか?
遠近法スケールを設定したPerspectiveアートワークは自動的には変形されません。しかし、フラットアートワーク(Adobe Illustratorなどで作成した2次元オブジェクト)を強制的に再投影したりまたは展開したり解除することも強制的にできます。その方法は『ユーザーガイド』に記載してあります。
Hot Door Perspectiveを使用する場合のシステム構成はどのくらいですか?
Hot Door Perspectiveは基本的にAdobe Illustrator内部に組み込まれるために、Adobe Illustratorのバージョンさえ対応していれば問題ありません。インストールに伴うモジュールの要求容量は約2MBです。
AdobeIllustrator10で使用した際に立方体アイコンなどでドローイングを行った時に、初めにドローイングした面のみが選択されてしまいます。前バージョンではこのようなことはありませんでした。なぜですか?
マルチページがインストールしてあるイラストレーター9でCADtools2Jを使用するとライブDimensionレイヤーを作成するためにページング機能が上手く機能しなくなります。併用して使用する際にはCADtoolのダイアログでDimensionレイヤーを作成しないようにしてからお使い下さい。

こちら以外になにかご質問があればサポートにお問い合せください。サポートではE-MAILまたはFAXで質問を受けています。 ご質問の際にはお持ちのシリアルナンバーを必ずご記載ください。

 
 

製品について

 
 
【更新情報】最新の5件
 
【タグ検索】
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |